2012年5月6日日曜日

ガレリア座人物譚~その1

勢いがつくと書いてしまう。性分ですね。でもネタがなくなってきたので、ガレリア座を飾る人々を取り上げてご紹介します。 まず初回は、やっぱりマエストロでしょう。 ガレリア座のメンバーは皆、基本的にアマチュア。指揮者とて例外ではありません。普通、アマオケでも合唱団でも指揮者=指導者なので“先生”と呼ばれますが、ガレリア座で野町君を“先生”と呼んだのは後にも先にも、稽古を見に来てくれた時の大野和士さん(現リヨン歌劇場首席指揮者、アルトゥーロ・トスカニーニ・フィル首席客演指揮者)しかいません。 マエストロは某鉄道会社にお勤めです。このところは内勤なのですが、以前、新宿駅にいたことがあり、団員に見つかって相当恥ずかしい思いをしたそうです。何かの演出の折、私が駅員さんの“指差し確認”を取り入れたところ、プロとして完璧な“指差し確認”をご指導いただきました。電車が入線するまでは電車の方を向き、自分の前を通り過ぎたところで進行方向へ向き直る、なんて知っていました? マエストロは温厚な性格で、とても奥床しく、私とプリマが言い争いをしていると気配を消す特技をお持ちです。ガレリア座の旗揚げ公演では副指揮者を務め、その後は音楽監督としてピットを守ってきました。アマチュアとはいえ、過去に10本をゆうに超えるオペラ全曲を指揮し、サントリーホールの舞台で踏んだ指揮者なんてざらにはいないでしょう。最近は、習ってもいない発声方法にも精通し、私のいないときには演出家気取りでいい気になっているという噂も耳にします。じつに頼もしいマエストロ、野町君です。

0 件のコメント:

コメントを投稿