2012年5月6日日曜日

ガレリア座人物譚~その2

ガレリア座には“監督”が4人います。 最初からいたのは“芸術監督”の私と、“音楽監督”のマエストロ。 三番目に創設されたのが“舞踊監督”、最後が“美術監督”。 野球の監督にしろ、映画監督にしろ、その現場で一番偉い!皆が言うこと聞く。 男と生まれたからには一度はやってみたい職業なんて言われたりするそうです…が、ガレリア座ではまったく意味が異なります。 ガレリア座の“監督”は滅私奉公。退団する権利がなく、団が消滅するまでそのポストで献身的に尽くすことを承諾した(または、させられた)気の弱い人を指します。 人物譚で次に取り上げるのは“舞踊監督”の藤井さんです。 藤井さんは第2回公演「オペレッタ・ガラコンサート~知られざる名曲サロン」から座に加わりました。オペレッタには踊りが必要。でも、当時のガレリア座には踊れる人がいませんでした。団員の大林さんから紹介を受け、渋谷駅のレストランでお会いした藤井さんは、口数少なく、オペレッタについて饒舌に語る私の話を聞いているんだか、いないんだか。あちらの世界に時々行ってしまうのは当時から現在まで変わりません。オペレッタはあまりご存知なかったようですが、まあ、じつに見事、団員のレベルに合わせつつ最大の効果を発揮する振付により、藤井さんは舞踊監督に就任されました。なかでも私が最高傑作と認めるのが、ヨハン・シュトラウス「ウィーン気質」3幕冒頭の村娘リジちゃん、ロリちゃんのシーン。完全に付け足し、どうでもいいこのシーンは、私の大のお気に入りとなり、サントリー公演にも登場しました。 先ほど、ガレリア座では、監督の言うことを聞かないなんて申し上げましたが、藤井先生がニッコリ微笑むと、男性団員どもはどんな過酷な要求にもホイホイ応えます。なので、気の弱い私は、団員に厳しい要求をするシーンを“振付”と称して藤井さんにやってもらいます。ただ、そのせいで私の立場が相対的に弱くなり、もはや野町君と藤井さんがいれば稽古は十分といった危機的状態を迎えています。あ、藤井先生、今後ともよろしく。

0 件のコメント:

コメントを投稿