2012年6月27日水曜日

寺崎先生が来ました

6月24日午後6時、新宿区内の私たちの小さな稽古場に、演出家の寺崎裕則先生がいらっしゃいました。オペレッタ好きの人はもちろん、オペラに関心のある人なら、先生の名前を知らない人はいないでしょう。日本オペレッタ協会の創設者にして、日本オペレッタ協会の最高顧問、まさに日本におけるオペレッタの第一人者です。 緊張に包まれる稽古場。普段やったこともない発声練習や準備運動など、まあ、大地震の前触れの小動物の蠢きみたいに不可思議な光景です。最初に見ていただいたのは第1幕フィナーレ。ひととおり通した後に、先生の感想から始まります。「役者の人の台詞が自然じゃないんだよね。台詞を台詞として話してしまう。それじゃダメなんだ。自然じゃなくちゃ。」これを受けて、3人の元老員議員たちへの指導です。台詞は一言一言止められ、登場の仕方、歩き方、表情、仕草まで細かく細かくつけていきます。もちろん私たちもこれまで一所懸命作ってきたので、誇りはあります。自信だってちょっとだけあります。でも先生は許してくれません。「こうでしょ!こうじゃなきゃダメでしょ!」でも、それがうまくできると「そうそう!ほら、そうなるじゃない!できるじゃない!素晴らしい!」だんだんと稽古場の空気が熱くなります。 「自然に!」「役の性根は?」…アマチュアだからって容赦は一切なし。ときには机をたたき、ときには立ち上がり役者の傍らで演じてみせる。その情熱と気迫は御年79歳という年齢をまったく感じさせません。そうして、いつのまにか私たちは寺崎ワールドに包まれていったのです。 あっという間の3時間が過ぎ、帰りの道々、先生が私にこう言われました。「今日は楽しかった。アマチュアは素晴らしいよ。だって砂に水が吸い込まれるようにどんどん吸収して、どんどん上手くなっていく。僕はそれを目の当たりにして感動的だった。へんに手垢のついたプロだと話を聞こうとしないんだ。素直っていうのは本当に大切。」 寺崎先生も楽しんでくださった。僕たちも非常に刺激を受けた。あとのお酒が美味しかったことは言うまでもありません。日付が変わる頃まで、飲んで、話して、笑って。公演の成功を予感できた一日でした。 ついに寺崎御大の登場です! 真剣な指導 思わず立ち上がり… 稽古場の空気も変わります ガレリア座至福のとき もちろんこれも欠かせない!

0 件のコメント:

コメントを投稿