2013年1月31日木曜日

白馬亭にて

もう少しザルツブルクの話にお付き合いを。ザルツブルクという町は、モーツァルトやクラシック音楽に関心がなければ、1日の滞在で、だいたいの場所を見て回れる小さな町です。お城(ホーエン・ザルツブルク城)→大聖堂→ゲトライデ・ガッセ(旧市街中心部)→モーツァルトの生家→ザルツァッハ川を渡って→庭園。まあこんなものでしょう。でも、もしお時間があるようなら、郊外の湖水地方ザルツカンマーグートに行かれることをお勧めします。車で30分も走れば、山々の間にある美しい湖たちが見えてきます。なかでも最大の湖がヴォルフガング湖。そのほとりにザンクト・ヴォルフガングというこじんまりした町があり、中心に白馬亭という名の五つ星リゾートホテルがあります。ザルツブルクと音楽の関係で言えば、まずはモーツァルト、次にミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」、そして知名度は下がるもののオペレッタ「白馬亭にて」は立派にこの町の音楽遺産となっています。ラルフ・ベナツキーというオペレッタ作曲家が作った「白馬亭にて」は、まさにこのホテルを舞台とした、女主人と給仕長の恋の物語。風光明媚なこの土地の素晴らしさを余すところなく描き出したリゾート・オペレッタなのです。残念ながらオーストリアでもドイツでも上演機会がまれなため、実際の舞台を見ることは難しいかもしれません。かつて日本オペレッタ協会の上演もありましたが、それも2003年が最後。でも、とにかく楽しい音楽がいっぱいで、一度耳にすれば好きになること請け合いです。実際の白馬亭は、数年前に新館が完成し、私の好きだった瀟洒な旧館の受付は移動してしまいました。どの部屋も少しずつ調度が異なり、毎回、どんな部屋に通されるかとても楽しみです。ヴォルフガング湖水面に浮かぶ温水プールや屋内プールで冬でも快適にひと泳ぎ。お腹を空かせて向かうメイン・ダイニングでは、紳士然とした給仕長がオペレッタさながらに手厚いサービスをしてくれます。機能的な日本のホテルとはひと味もふた味も違う白馬亭。夢のオペレッタの現存する舞台。ザルツブルクにおいでの際は、一泊余裕をもって行かれてみてはいかがでしょうか。

絶景ザルツカンマーグート
ヴォルフガング湖畔の白馬亭
左の赤が新館、右のピンクが旧館
今回のお部屋は
ベッドルーム内にジャグジー風呂
客室401号室
冬は人通りも少なく
夢のように美しい
テラスから望む朝靄の幻想的風景

0 件のコメント:

コメントを投稿