2013年3月18日月曜日

ゲストも続々と!

この週末はとても気合の入った稽古が続きました。まず16日には音楽稽古に「ホフマン物語」の三重唱を歌うテノールの猪村浩之さん、バリトンの北村哲朗さんをお迎えしました。猪村さんは二期会期待のイケメンテノール。歌はもちろん素晴らしく、さらにテノールらしからぬ真面目で誠実なお人柄で周囲の人をとても気持ちよくさせてくれます。北村先生はガレリア座にとって、とても身近でお世話になっている方です。何人もの団員が先生にレッスンをしていただいています。今回、三重唱の一角を担う当団の榎本は北村先生の門下生。つまり師弟対決(文字通り役柄でも対立関係にあります)というわけです。歌稽古のあと、すぐに立ち稽古もこなし、お二人ともさすがの舞台人です。しかも、稽古回数をもっと入れてほしいとのお申し出があり、急遽、特別練習を組むことになりました。ガレリア座の舞台でも一切手抜きなしの全力投球。本当に頭が下がります。 この日はさらにもう一組。「椿姫」に出演してくださるソプラノの菊地美奈さんとバリトンの神田宇士さんも登場。菊地さんは言わずと知れた二期会エースの実力派ソプラノ。すでに7月の二期会公演「ホフマン物語」ジュリエッタ役に大きな期待が寄せられています。神田さんはバリトン歌手の顔と都立東大和高校の先生の顔を持っています。昨年、ガレリア座が行った学校公演をきっかけにお付き合いが始まり、今回の公演には神田先生が顧問を務める吹奏楽部が「椿姫」で競演します。この組も音楽稽古のあと、すぐに立ち稽古となり、菊地さんから様々な演出上の提案も飛び出して白熱した練習となりました。 こんな稽古のあとは当然、ビール!大塚駅近くで発見された極旨、極安の中華料理で美奈さんを囲んで乾杯!日付が変わるぎりぎりまで飲み騒いだ一日でした。

猪村さん、北村さんとの音楽稽古
お二人とも気合い十分!
菊地美奈さん登場
すぐに立ち稽古へ
次第に気合も入ってきて…
演出のアイディアも飛び出します

0 件のコメント:

コメントを投稿