2013年3月28日木曜日

久元先生のレッスンその2

本番35日前の3月25日は、ピアノ協奏曲を弾く榎本祥子さんと一緒に久元先生の2回目のレッスンに伺いました。前回、デジカメを持たずに行って悔しい思いをしたので、今回は撮影してきました。手前はスタインウェイ、奥がベーゼンドルファー。じつに豪華な稽古場です。あともう1台、リストの愛したピアノ、エラールもいらっしゃいます。本当はさらにショパンの愛したプレイエルもいるのですが、この日は病院行だったそうで不在でした。スタインウェイに榎本さんが座り、ベーゼンドルファーには久元先生。まずは一回、通してみます。前回の稽古がずいぶん生きている演奏になっています。榎本さん、頑張りました。でもね、久元先生のリクエストはまだまだ続きます。ハードルは上がるばかり。少し煮詰まったところで、小学二年生でピアノからリタイアした私が偉そうにアドバイス。「音は真似なくていい!形を盗むんだ!形から行け!」演出家の目で先生の演奏を見ていると、どうも大切なのは手首の柔らかさと腕や身体の使い方にあるようなのです。久元先生が、女性なのに一瞬のきらめくような力強さが表現できるのか。先生の場合、指先に力が入るのはほんの一瞬で、手はいつも柔らかく春風のようにふわふわ動くのです。緊張と弛緩、剛と柔がじつに巧みに使い分けられているのです。これだ!これを真似るのだ!「音なんか間違えていいから、とにかくあの形を真似てやってみて」榎本祥子さんも懸命に励みます。最後の通しは、もちろんまだまだの箇所もあったけど、先生と十分に切り結ぶシーンもあり、なかなか手ごたえのある稽古となりました。気づけばあっと言う間の2時間経過。来月21日のオケ合わせが楽しみです。

スタインウェイ様とベーゼン様

稽古は真剣勝負!

あっと言う間の2時間でした

0 件のコメント:

コメントを投稿