2014年1月21日火曜日

オペレッタコンクール演奏会

1月18日、代々木のHakuju Hallに行ってまいりました。できた当初くらいに一度行って以来なので地図を片手に。音響設計ができすぎているのか、とにかくよく響くホール。まるで風呂の中。小声でも十分に勝負ができます。アマチュア部門の受賞者8人、プロ部門6人、そしてゲストの小林晴美先生。コンクール受賞者の皆さんは、本選のときの緊張感とは違うなあ。同じ緊張感でもヘンな堅さではないな、と感じました。もしこの演奏会が審査の対象だったら相当迷うなあというのが正直な感想でした。プログラムがバラエティに富んでいたのも良かったです。コンクール直後には、みんなアデーレとハンナ・グラヴァリなどと苦言を呈しましたが、オペレッタには素敵な曲がたくさんあるわけです。審査される側の方といえど、普通のお客様からすれば“専門の方”“勉強をされた方”なわけですから、もっといろんな曲にチャレンジしてほしいなあと思っていました。今回の演奏会では、予選本選とは違う曲をきちんと準備され、また別の顔を見せてくださった演者さんが何人かおられました。私にはそれがとても嬉しいことでした。会場にはオペレッタの好きな一般のファンの方もお見えになっています。身内だけが集まる“ピアノのおさらい会”ではありません。それを意識できたかどうか。私にはとても大切なことに思えます。終演後の親睦会で、黒田先生から今年の第3回コンクールもよろしくお願いします!と念を押されました。オペレッタの灯が続くことを願って、微力ながらお手伝いをさせていただければ本望です。

ガレリア座の出来たてチラシもはさみこみ

0 件のコメント:

コメントを投稿