2016年9月30日金曜日

女声アンサンブル・ラークの演奏会へ向けて

怒涛の三週連続本番が終わってホッとする間もなく、今度は10月末に行われるラークさんの演出稽古が再開です。夏の合宿にはお邪魔して、下地づくりは終わっていますが、いよいよ仕上げの段階です。演出的なメインはミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」ハイライトでしょうか。台詞あり、振付あり、フォーメーションありと、盛りだくさんの要求に、ラークの皆さんも一所懸命応えます。振付を担当するガレリア座の藤井さん。ラークの皆さんの能力を十分に引き出して、良い仕事をしてくれます。今回、私はナレーションも兼務。「サウンド・オブ~」の舞台となるザルツブルグ、ノンベルク修道院の鐘の効果音は、私の妹をこき使って、実際の修道院の鐘の音を採取してくる力の入れようです。さらに照明には、劇団四季での実績がある加藤学さんが入ってくれます。公演は10月29日(土)午後2時開演。会場は、ルネこだいら中ホールです。
稽古の様子。奥はピアノの小笠原貞宗先生。中央が指揮の北村哲朗先生。

0 件のコメント:

コメントを投稿