2016年10月3日月曜日

ルネこだいら打合せ

ラークの演奏会に向けて会場打合せに向かいます。2014年6月1日、ガレリア座の公演「シカゴ大公令嬢」以来、久々に来ました。駅前が微妙にひなびた感じのするのが、私のお気に入りです。小平駅北口は有名な小平霊園があり、ホールは南口にあります。霊園への配慮なのでしょうか。南口もあまり活気がありません。よく言えば落ち着いている…。ガレリア座が打上げに使った居酒屋も、道1本奥まってあるので、駅前からは見えません。ミスタードーナッツやケンタッキーたちも、なんとなく静かにお行儀よくしている感じがします。そんな不思議な雰囲気の駅前から徒歩3分。ルネこだいらの目印は巨大な郵便ポストです。懐かしいなあ。数回公演をさせていただいているので、そんな風に感じます。打合せに立ち合っていつも思うのは、これ、アマチュアは緊張しますよね。合唱団の演奏会や、ピアノの発表会でも、最低限の舞台用語は出てきますし。だから私のような仲介者の出番もあるのでしょう。小平の舞台の方は優しくて、打合せは順調に終了。あとは中身に集中するだけです。
 ルネこだいらの目印「日本一大きなポスト」
ひなびた小平駅前

0 件のコメント:

コメントを投稿