2016年10月15日土曜日

日本橋は快晴なり


土曜の朝8時の茅場町にビジネスマンの姿はありません。少なからずジョギングを楽しむ人々。平日は目立たない僅かな住民たち。そして仕込みにやってきた舞台監督一名。すなわち私。本日は北村哲朗先生が指揮をする三友合唱団の本番です。聞けば、私は82、私は81と、見た目にはまったくわからない人生の先輩たちも元気に集合します。会場は日本橋公会堂。客席は300少々で、なかなかの雰囲気。こじんまりした二段の雛壇を組んで、その下手にはどでかいベーゼンドルファーのフルコン。たいへんな存在感でございます。一年かけて一所懸命に稽古をしたメンバーの努力が素敵に開花します。そのお手伝いができるというのは幸せなことです。昔、この合唱団のソリストに迎えられた父のことを思いながら、少しは御恩返しができたでしょうか。
 日本橋公会堂の客席、なかなか洒落てます
70周年伝統の歌声
モーツァルトのVesperea

0 件のコメント:

コメントを投稿